細胞分画法

スポンサーリンク
細胞とその成り立ち
スポンサーリンク

細胞分画法とは?

細胞分画法は、
細胞を破壊し、細胞小器官を分離して取り出すことを目的に行われる手法のこと。

細胞分画法の手順

まず、細胞をホモジェナイザーという器具で細胞を軽くすり潰し、破壊します。

ホモジェナイザーでできた破砕液(ホモジェネート)を遠心分離機で遠心分離します。

遠心分離のポイント
比重や大きい粒子ほど、はやく沈殿することを利用しています。
最初は遠心力は小さめに設定し、徐々に大きくすることで、
細胞小器官を順番に沈殿させていきます。

例:植物細胞の場合

植物細胞で細胞分画法を行った場合、

  1. 葉緑体
  2. ミトコンドリア
  3. リボソーム、小胞体

の順に沈殿します。

細胞分画法の覚え方

「確実に葉子は未婚」
(核)(葉緑体)(ミトコンドリア)

葉子さん、見てたらごめんなさい。
大きい順に覚えればいいだけですね。

コメント