スポンサーリンク
遺伝子を扱う技術

PCR法とは?→特定のDNA領域を人工的に増幅させること

PCR法とは? PCR法(Polymerase Chain Reaction method)は、 DNAの複製を応用したもので、 目的とするDNA領域を人工的に比較的短時間で増幅させる方法です。 PCR法の開発者 1983年、キャ...
遺伝子を扱う技術

バイオテクノロジーとは?

バイオテクノロジーとは? バイオテクノロジー(生物工学)とは、 生物の持つ能力を人の生活に役立てる技術のことです。 バイオテクノロジーの身近な例 例えば、発酵技術もバイオテクノロジーの1つです。 酵母を用いたワインやパンの...
生命現象とタンパク質

酵素と酵素の構造と特性

酵素とは? 酵素(Enzyme)とは、 タンパク質を主成分とする生体触媒のことです。 (化学)触媒とは? オストヴァルトの定義によると、 「化学反応の速度を変化させるが、 最後の生成物に見られない物質」 のこと ...
細胞とその成り立ち

細胞膜の構造と働き

細胞膜さいぼうまくはリン脂質を主成分とする生体膜です。 細胞膜の構造 細胞膜は8~10nmの厚さがあります。 リン脂質の二重膜中に、タンパク質が点在し、 動き回ることができる流動りゅうどうモザイクモデルの構造を取ります。 ...
細胞とその成り立ち

葉緑体の構造と働き

葉緑体ようりょくたいは、光合成を行う真核細胞に存在します。 大きさは約5μmです。 葉緑体のはたらき 独立した2枚の膜に包まれている 緑色のシステムです。 ミトコンドリアと同様に、 独自の環状DN...
細胞とその成り立ち

ミトコンドリアの構造とはたらき

ミトコンドリアは、 ほぼすべての真核生物に存在しています。 ミトコンドリアの構造 ミトコンドリアは、独立した2枚の膜に包まれています。 独自の環状DNAをもち、 細胞内で脳の指示とは別に 半自由に数を増やすことができ...
細胞とその成り立ち

核の構造とはたらき

核は大きさが10μm程度であることが多いです。 形は球状です。 核膜 核は核膜という二重膜で包まれておいます。 核膜はところどころに孔(核膜孔)があいており、 内膜と外膜は直接つながっています。 核膜は小胞体など...
体内環境の維持の仕組み

腎臓のつくりとはたらき

前回は、 肝臓で尿素ができると説明しました。 今回は、尿素がたどり着く 腎臓についてお話します。 腎臓の構造 ネフロン 腎臓で尿を生成する構造上の単位を 腎単位(ネフロン)といいます。 ネフロンは100万個あ...
体内環境の維持の仕組み

肝臓のはたらき

肝臓は体内で最大の臓器です。 50万個の肝細胞からなる肝小葉が 50万個集まってできています。 今回は、 肝臓の働きについて 見ていきましょう。 肝臓のはたらき 肝臓は生体内の化学工場とも呼ばれ、 体内の...
生物の殖え方

無性生殖と有性生殖

生殖には、 無性生殖と有性生殖の2種類あります。 それぞれ見ていきましょう。 生殖とは? まずはじめに、生殖とはなにか?ということから入ります。 生殖とは、 生物が同じ種類の自分とは別の新しい個体をつくることです。 無...
スポンサーリンク