ゾウリムシ

スポンサーリンク
細胞とその成り立ち

単細胞シリーズと題しまして、
連載することになりました。

初回はゾウリムシから始めていきたいと思います。

スポンサーリンク

ゾウリムシ

ゾウリムシは淡水に生息する単細胞真核生物であり、
五界説では原生生物界に属しています。

様々な働きを担う細胞小器官を発達しているため大きさ約200μmと大きいdesu.

ゾウリムシの遺伝的多様性

ゾウリムシは大核と小核をもち、
接合のに小核が減数分裂し遺伝的な多様性を広くすることができます。

ゾウリムシの食事

また細胞口から餌となる細菌を取り込む食胞を作り細胞内消化します。

ゾウリムシの浸透圧調節

祝砲を水を細胞外に排出することで細胞の浸透圧保つ働きを持っており体液の浸透圧が低い時ほど活発に動きます。

ゾウリムシの運動

またゾウリムシは繊毛運動をし、
負の重力走性をはじめさまざまな走性を示すことが知られています。

コメント