光合成の環境要因

スポンサーリンク
未分類

農業を私はしているのですが、
農業していても、同じ肥料の量でも植物の成長が早いとき遅いときがあります。

今回は農業だけではなく、
植物たちの成長が何で止まるのか?

そのファクター(要因)を見てみましょう。

スポンサーリンク

植物の光合成の環境要因

  • 温度
  • 二酸化炭素

の3つが光合成の環境要因です。

光合成速度が大きくなる方法

つまり、

  • 温度が高い
  • 光が強い
  • 二酸化炭素が濃い

と、光合成速度は大きくなります。

よく地球温暖化はデメリットの面ばかり強調されますが、
地球温暖化は二酸化炭素の濃度増加が原因と語られることが多く、
二酸化炭素だけを見ると、地球温暖化すると植物たちは困らないのかもしれませんね。

ヨーロッパの化石燃料と酸性雨による被害
酸性雨とは?酸性やアルカリ性がどれくらいあるかはpH(ペーハー)であらわします。酸性雨の定義pH5.6以下の雨を、酸性雨といいます。pH5.6以下の理由なぜ、pH5.6以下なのでしょうか?そもそも酸性とアルカリ性の中間である中性はpH7.0

限定要因

ではでは、限定要因を見てみましょう。

限定要因とは光合成速度を小さく限定しているファクターのことです。

光が限定要因

上図を見てください。

この図を見ると、
光が強さがある点を超えると、
光合成速度があまり大きくならなくなっています。

この時、光の強さが光合成速度を左右しているので、
光が限定要因と言えます。

次に上の図を見てください。

先程の図に足しただけの図ですが、
光の強さを強くしてても、光合成速度は頭打ちになりますよね。

だから温度や二酸化炭素能動が限定要因といえますね。

温度が限定要因

上の図を見てみましょう。

光は十分あるのに15℃の方は光合成速度がおちていっています。
これは温度が限定要因と言えます。

 

さらに上の図を見てみましょう。

光は十分あるのにある温度以上に光合成速度を上げると、
光合成速度が急激に低下しています。

これは何故でしょうか?

温度が高いと光合成に使う酵素が変性します。

タンパク質とは何か?
アミノ酸 タンパク質は約50~1000個のアミノ酸が鎖状に結合した分子のこと。 タンパク質を作るアミノ酸は20種類あります。 アミノ酸は、炭素原子(C)に水素原子(H)、側鎖(一般式Rで示す)、 アミノ基(-NH2)、カルボキシ...

タンパク質の形がかわって働けなくなるからです。

光と温度の限定要因

ではこの上図ではどうでしょうか?

光の強さや二酸化炭素濃度や温度の中で、
二酸化炭素が一定の場合です。

つまり、光と温度の足りないほうが光合成速度を決めているといえます。

弱い光のときは光が限定要因ですし、
低い温度のときは温度が限定要因です。

限定要因と光合成速度

  • 光の強さ
  • 二酸化炭素
  • 温度

の中で、最も限定的になっている要因が光合成速度を決めます。

コメント