植物ホルモンをイメージで覚えよう

スポンサーリンク

明日は生物の共通テストということで、
出るかわからないですが、植物ホルモン書いておきます。

共通テストはつくる人が2年ごとに半数が入れ替わる形で作られていると聞いたことがありますので、前年と似ている傾向にどの科目もあるのです。

なので、極端に難しい出題者は2年連続担当することも多いです。

反省して取り組んでいる年もありますが、
反省せず受験生を苦しめる年もあります。

今回は植物の一生を参考にしてできている、
六星占術という占いを参考にして解説します。

 

スポンサーリンク

植物ホルモンの覚え方

植物ホルモンは、生老病死で覚えるとわかりやすいです。

だいたい出るときは比較して出ますので、
1つずつ覚えてもぶっちゃけあまり意味がないのです。

生物以外のどの科目も同じですが、
比較して間違いを見つけるのが共通テストです。

発芽から幼いときはジベレリンのイメージ

種無しブドウを作るときに使う農薬としても使用されているジベレリン。
馬鹿苗病でもでますね。

ジベレリンには以下の作用があります。

  • 種子の発芽作用
  • 伸長成長作用
  • 子房の発芽促進

だいたい赤ちゃん関係と伸ばす関係ですね。

六星占術でいうところの種子・緑生の担当がジベレリンです。

また、ジベレリン単独では成長作用がないので、
オーキシンと組んでいる点も覚えておくといいでしょう。

幼いときから青年期の植物にはオーキシンのイメージ

オーキシンはジベレリンよりもう少し大きくなってから働くイメージです。

オーキシンは、

  • 頂芽の成長促進
  • 側芽の成長抑制(頂芽優勢)
  • 落葉・落花の抑制

イメージとしては人間で言う青年期ぐらいに働くイメージです。

六星占術でいう緑生から立花のイメージです。

サイトカイニンは完全体へ向かう思春期以降の若めの大人なイメージ

サイトカイニンは熟成の作用ですね。

細胞分裂の作用や気孔の開閉さようもあり、
幼い頃から効いていますが、
メインをはれるのはある程度成長してから。

  • 老化防止作用
  • 器官の分化促進作用
  • 気孔の開閉作用
  • 根の先端部分の活性化
  • 側芽の成長促進

などの効果があります。

サイトカイニンは六星占術でいうところの達成のイメージです。

人間でいうところの15歳から25歳ぐらいに強く働くイメージです。

ちなみに人間も胸の成長もペニスの成長も25歳ぐらいまで続くと言われています。

エチレンは熟成作用のイメージ

エチレンはりんごやバナナで有名ですね。
エチレンは熟女です。

  • 果実の成熟作用
  • 落葉・落果の促進

六星占術でいうところの財成ぐらいの秋真っ盛りのイメージです。

アブシジン酸は死神のイメージ

アブシジン酸は死神だと思っておきましょう。
六星占術でいうところの安定から大殺界のイメージです。

アブシジン酸は、

  • 種子や頂芽の発芽の阻害
  • 落葉や落果の促進
  • 茎の老化促進
  • 気孔を閉じる

のイメージです。

桜が咲いてはいけない時期に咲かせないようにしていたり、
老化ホルモンですね。

種子のときも効いています。
芽が出る頃にはジベレリンがまた効いてくるというサイクルです。

その他

フロリゲンは開花作用があります。

六星占術でいうところの立花ですね。

あと、プラシノステロイドというホルモンは成長作用、
ジャスモン酸は六星占術でいう安定ぐらいの死ぬ前ぐらいのイメージです。

コメント