光合成と物質生産

スポンサーリンク
スポンサーリンク

光合成と物質生産

光合成(Photosynthesis)は光エネルギーを利用して、二酸化炭素(CO2)と水(H2O)から有機物を合成する仕組みのこと。

光の強さと光合成
光合成速度と呼吸速度 単位時間あたりの、 植物の光合成量を 光合成速度といい、 単位時間あたりの 植物の呼吸量を 呼吸速度といいます。 光補償点 光合成で吸収するCO2量と、 呼吸で排出するCO2量が一致し、 見かけのC...

 

太陽光発電は光エネルギーを利用しているため、太陽光発電が進めば、光エネルギーから熱エネルギーへの変換が少なくなるため、地球は寒冷化に進む原因の1つになっています。もっとも、温暖化を促進する方が多いので、基本的には温暖化する方向に進みます。
地熱発電も同じく、熱エネルギーを利用しているため地球寒冷化の原因の1つです。
光合成は原則植物特有の仕組みとして知られています。

光合成産物

光合成によって、糖やデンプンなどがつくられる。
これら生産物を光合成産物といいます。

一次生産(物質生産)

植物の身体ができていくことを、
一次生産(Primary)あるいは単に物質生産といいます。

植物の物質生産
植物の物質生産 生産構造 光合成による物質生産を中心に植物個体群の構造があります。 光合成による物質生産に着目して考えたものを生産構造といいます。 植物の物質生産は葉で行われます。 そのため、葉の付き方は物質生産に影響します。...

乾物生産

物質生産量はふつう乾燥重で表現されます。

これを乾物生産(dry-matter production)といいます。

 

コメント