有性生殖~接合(受精)による生殖~

スポンサーリンク
配偶子の分類の図。配偶子は同形配偶子と異形配偶子に分類される。異形配偶子はさらに雌性配偶子と雄性配偶子に分類されます。 発生と遺伝子発現
スポンサーリンク

有性生殖とは?

配偶子の合体によって増える生殖のことを
有性生殖ゆうせいせいしょくといいます。

配偶子とは?

接合して新しい個体を作るものを配偶子(はいぐうし、英: gamete )という。 「結婚」を意味する古代ギリシャ語 γαμετή に由来

配偶子(はいぐうし)とは何? Weblio辞書

配偶子の分類の図。配偶子は同形配偶子と異形配偶子に分類される。異形配偶子はさらに雌性配偶子と雄性配偶子に分類されます。

配偶子には次の2つに分類されます。

同形配偶子

大きさや形がほぼ同じ配偶子のことを同形配偶子どうけいはいぐうしといいます。

異形配偶子

大きさや形、運動能力にちがいのある配偶子のことを異形配偶子いけいはいぐうしといいます。
異形配偶子の大きいものを雌性配偶子しせいはいぐうし、小さいものを雄性配偶子ゆうせいはいぐうしと呼びます。

運動性のない雌性配偶子のことを
らんといいます。

精子

べん毛をもって活発に運動する
雄性配偶子を精子せいしといいます。

接合と接合子

配偶子どうしの合体のことを、接合せつごうといいます。
接合でできたものを接合子せつごうしと呼びます。

接合と受精

卵と精子が接合することを、受精じゅせいといいます。
受精でできた接合子は受精卵と呼びます。

 

 

 

コメント