古生代の植物の進化(陸上進出~)-シダ類の繁栄と裸子植物の誕生-

スポンサーリンク
未分類
⚠ソテツシダではありません

植物は陸上進出を遂げた後、一体どのような進化を遂げたのでしょうか?今回の記事ではそのことについて書いてきます。それでは見ていきましょう。

スポンサーリンク

木生シダ類の繁栄

シルル紀に植物の中で維管束を持つシダ植物が陸上に適応し、急速に増加します。

石炭期には大型の木生シダ(リンボク、ロボク、フウインボクなどの木生シダ)が、大森林を形成しました。しかし、木生シダ類約2億5000万年前古生代末期の寒冷化や乾燥化に適応できず、衰退しました。

シダ植物は精子を外界の水に泳がせて受精します。

裸子植物の出現

デボン紀になると原始的な裸子植物である
ソテツシダが出現します。

ソテツ⚠ソテツシダではありません

コメント