スポンサーリンク
植物のくらし

被子植物の分類~子葉編~単子葉類と双子葉類

子葉が1枚の植物 被子植物のうち、 芽が出てくるときの子葉が 1枚出てくるものを 単子葉類たんしようるいといいます。 葉脈が平行脈で、 根はひげ根、 維管束は散らばっています。 子葉が2枚の植物 被子植物のうち、 芽...
植物のくらし

光合成の場所と物質の出入りと呼吸

植物の葉の形状 植物の葉は、 日光がよく当たるように、 放射状についています。 養分を作り出す 植物が日光を受けて、 二酸化炭素と水から、 デンプンと酸素を作り出す働きを, 光合成こうごうせいといいます。 ...
光合成

光合成の過程と光合成の反応式

植物は、光エネルギーを用いて、 葉の気孔から取り込んだ二酸化炭素を糖に合成します。 この反応を光合成(photosynthesis)といいますね。 ここまでは中学校でも習ったことです。 光合成は、地球上の生物にと...
植物のくらし

気孔とそのはたらき

「細胞」とは? 葉の断面などを顕微鏡で観察すると 以下のような図が見えます。 たくさん集まった小さい部屋のようなものを、 細胞さいぼう(Cell)といいます。 葉にある「気孔」とは? 葉の表面にある三日月型の...
光合成

光合成とその研究の歴史

水・空気と植物 古代ギリシャの哲学者アリストテレスは 植物はからだをつくるのに必要な物質を土の中から得ている といいました。その後、 私、ヘルモントはヤナギを使った...
植物のくらし

根の作りと葉の作りと

根のつくり 主根と側根からなるものや、 ひげ根のものがあります。 根の先端には 水や養分を吸収する根毛こんもうがついています。 葉のつくり 葉の部分で維管束の通っている 筋を葉脈ようみゃくといいます。 ...
進化の仕組み

遺伝子の平衡と頻度メンデル集団とハーディ・ワインベルグの法則~

メンデル集団 以下の条件が揃った集団をメンデル集団と呼びます。 集団の個体数が極めて多い 集団への個体の移出入がない 集団内での交配は自由交配 集団内では突然変異が起こらない どの個体も繁殖力や生存能力は...
植物の環境応答

植物の反応~屈性と傾性~

私たち人間も刺激に合わせて行動しています。 たとえば、喋り声(音)が聞こえて声を出すというように。 動物だけではありません。植物も反応しています。 屈性とは? 植物は外界からの刺激に反応して、 植物体の一部を屈曲させる性質...
遺伝情報とその発現

3つの突然変異と進化

遺伝子突然変異 遺伝子の本体であるDNAの塩基配列の変化によって、 おこる突然変異のことを遺伝子突然変異といいます。  塩基配列の変化 塩基配列の変化とは、 塩基の一部が置換、挿入、欠失されることをいいます。 ...
呼吸

呼吸の種類~呼吸に種類なんてあるの??~

呼吸とは? 有機物を分解してエネルギーを取り出し、 ATPを合成する過程。 嫌気呼吸 酸素を使わないで、有機物を分解する過程。 微生物がおもに嫌気呼吸によって有機物を分解することを 発酵(はっこう)といいます。 好気呼...
スポンサーリンク