生物分類の階級-ドメイン・界・門・綱・目・科・属・種-

スポンサーリンク
未分類
スポンサーリンク

基本的な形質が共通であり交配によって子孫を残せるグループをさします。

同種の生物

同種の生物同士は共通の形態的生理的特徴を持ち、自然状態で交配が可能であり、繁殖能力を持つ子孫ができます。

異種の生物

反対に異なる種の生物同士では生殖能力を持った子孫を生じることができず、生殖的に隔離されているといえます。

ウマとロバの例

例えばウマとロバを人為的に交雑させると、雑種(この場合、ラバ)が生じます。しかし、ラバは子孫が作れません。すなわちウマとロバからは生殖能力を持つ子孫は生じることはありません。したがってウマとロバは異なるといえます。

リンネの生物階級の設定

スウェーデンの生物学者である神には生物の系統的な所属を分類するために分類階級を設定しました。

種間で共通する形質が多いものを属。

属間で共通する形質が多いものを科というようにまとめられます。

さらに目・綱・門、そして上位には界があります。

それぞれの階級の間には上綱や亜門など中間の階級を設けることもあります。

最上位の階級はドメインと呼ばれます。

より高い位の分類はドメインへいけばいくほど、違う分類といえます。。
種の違いよりは属の違いの方が差が大きい。
枝分かれは下の方で行われています。

筆者談ですが、種の方が細分化されているため、
種の方が上で枝分かれしており、
種は枝葉の部分。
ドメインは根幹の枝分かれで、
幹の枝分かれの部分なので、
ドメインを上に書いてあるサイトの人は
生物学を正しく認識していない可能性が高いと思います。

生物学では過去起こった進化などは
基本的に下の方に図化します。

なので、RNAワールドを下の方に書いてあるのは違和感でしかありません。

 

コメント