動物の循環系~血管系とリンパ系と心臓~

スポンサーリンク
体内環境の維持の仕組み

動物は酸素や二酸化炭素、
栄養素やホルモン、老廃物などを
体液を使って運搬したり、循環を生んでいます。

恒常性
「恒常性」の記事一覧です。

それを担っているのが、
循環系といいます。

スポンサーリンク

循環系とは?

血液およびリンパを循環させる器官の集まりです。

血管系とリンパ系があります。

脊椎動物の循環系

  • 血管系
  • リンパ系

 

無脊椎動物の循環系

  • 血管系のみ

 

血管系

血管系には開放血管系と閉鎖血管系の2種類があります。

開放血管系

開放血管系(Open circulatory system)は
動脈の末端が開いていて、
毛細血管のない血管系です。

 

節足動物や軟体動物にみられます。

 

 

閉鎖血管系

閉鎖血管系(Closed circulatory system)は、
動脈と静脈が毛細血管がつなっがっている
血管系です。

 

環形動物や脊椎動物にみられます。

リンパ系

リンパ系はリンパ管でできています。

その中にはリンパ液が流れています。

リンパ節

リンパ節では、リンパ球が作られています。

免疫に極めて重要な役割をしています。

心臓

体中に血液を送り込むために、
心臓が拍動します。

心臓の拍動の回数や強さは、
自立神経系によって調節されています。

コメント