bellyan

スポンサーリンク
生体物質と細胞

糖質(炭水化物)とは何だ?

「糖質って一体なんなんだ?」 「糖質OFFって何がOFFされているんだ?」 今日はその疑問へのヒントとして、 糖質の簡単な説明をします。 糖質とは? ブドウ糖、ショ糖、デンプン、セルロースなどが、 糖質(sacc...
生体物質と細胞

生命を構成する元素~生き物はたったこれだけでできている~

私たちの身体は一体何からできているのでしょうか? 細胞? 細胞は確かにそうなのですが、 もっと小さい単位があるのです。 それは元素です。 私たちの身体を構成するのは、 わずか数種類の元素でできてい...
植物のくらし

水と養分の通り道(道管・師管・維管束)

道管・師管 道管 根から吸収された 水や養分が通る道を 道管どうかんといいます。 師管 葉で作られた 養分が通る道を 師管しかんといいます。 維管束 道管と師管が集まって、 束になった部分を 維管束いかんそくとい...
体内環境の維持の仕組み

動物の循環系~血管系とリンパ系と心臓~

動物は酸素や二酸化炭素、 栄養素やホルモン、老廃物などを 体液を使って運搬したり、循環を生んでいます。 それを担っているのが、 循環系といいます。 循環系とは? 血液およびリンパを循環させる器官の集まりです。 ...
植物の環境応答

植物の水分の調節と水の移動

ほとんどすべての生物にとって生きていく上で必要なのが水です。私たち動物は自ら動いて水分を得ることが可能です。でも、人間がお世話をしない植物の場合は雨を待つよりほかありません。植物が水分をどうやって利用しているのか実際に見ていきましょう。 ...
体内環境の維持の仕組み

体液(たいえき)と恒常性(ホメオスタシス)~身体の外と内の環境~

私たちの2つの環境 私たちの周りの環境を外部環境と言います。おひさまや風なんかがそうですね~。 一方、体内の細胞を取り巻く環境を内部環境と言います。 内部環境の液体 血液 血管内を流れています。一部が毛細血管からしみ出して...
植物のくらし

種子をつくる植物

種子植物とは? 花を咲かせ、 種子を作って増える植物を 種子植物しゅししょくぶつといいます。 被子植物ひししょくぶつと裸子植物らししょくぶつに 分けられます。 被子植物とは? 被子植物とは、 胚珠が子房に包まれて...
植物のくらし

マツの花のつくり

今回お話するのは、 マツの花のつくりです~。 マツ科を例に、 実際に見ていきましょう。 松は正月飾りや、 松ぼっくりや松ヤニを樹脂として利用したり、 日々の様々なことに利用されています。 まぁ、松を食べる人...
植物のくらし

アブラナの花のつくり

今回、お話するのは アブラナの花のつくりだよ。 アブラナ科のナバナ(ナノハナ)を例に、 実際に見ていきましょう。 ナバナは種を絞って、 菜種油にしたり、 また、葉っぱやつぼみを 茹でて食べたりもしますね。 ま...
スポンサーリンク