気孔とそのはたらき

植物のくらし
スポンサーリンク

「細胞」とは?

葉の断面などを顕微鏡で観察すると
以下のような図が見えます。

たくさん集まった小さい部屋のようなものを、
細胞さいぼう(Cell)といいます。

葉にある「気孔」とは?

葉の表面にある三日月型の細胞に囲まれた
すき間を気孔きこうといいます。

酸素二酸化炭素の出入り口になっています。

植物と蒸散の作用

植物の体内の水が、
気孔から水蒸気として、
体外に出されることを、
蒸散じょうさんといいます。

蒸散によって、
根から吸収された
体内の水が道管を通って
移動する力が働くので、
水や水に溶けた養分が

蒸散は気孔の開閉によって、
調節されています。

水を体外にだすときは、
気孔の周りの細胞にも
水がたまっているため、
気孔の周りの細胞が反ります。
つまり、気孔は開きます。

反対に、
水を体外に出さないときは、
気孔の周りの細胞には、
水がたまっていないため、
気孔の周りの細胞が縮みます。
つまり、気孔は開きます。

プラスポイントアドバイス
気孔の周りの細胞のことを気孔の辺り細胞という意味で、孔辺細胞こうへんさいぼうといいます。
気孔は葉の裏しかないのか?
気孔は植物によって、葉の裏にしかついていないものもありますが、多くは葉の表にも、葉の裏にもついています。中には、葉の表しかついていない植物もあります。葉の裏に多いと言われる理由としては、葉の裏側の方が、涼しいので、蒸散の働きによって、水蒸気が飛びにくいからといった理由があげられます。

コメント