アブラナの花のつくり

植物のくらし

今回、お話するのは
アブラナの花のつくりだよ。
アブラナ科のナバナ(ナノハナ)を例に、
実際に見ていきましょう。

ナバナは種を絞って、
菜種油にしたり、
また、葉っぱやつぼみを
茹でて食べたりもしますね。

まぁ、少し苦いので、
好みのわかれるところですが。。。

スポンサーリンク

アブラナの花のつくり

アブラナの断面図

アブラナの花は

  • めしべ
  • おしべ
  • 花びら
  • がく

の4つからできています。

めしべの先の膨らんだ部分
柱頭(ちゅうとう)と呼びます。

根元の膨らんだ部分
子房(しぼう)と呼びます。

子房の中には、
胚珠(はいしゅ)と呼ばれる
小さな粒が入っています。

おしべの先の部分
やくと呼び、
中には花粉がいっぱいつまっています。

受粉とその後

受粉とは?

花粉が柱頭につくことを受粉といいます。

受粉後の成長

受粉すると、
子房は成長して果実(かじつ)に、
胚珠は成長して種子(しゅし)になります。

コメント