PCR法とは?→特定のDNA領域を人工的に増幅させること

スポンサーリンク
スポンサーリンク

PCR法とは?

PCR法(Polymerase Chain Reaction method)は、
DNAの複製を応用したもので、
目的とするDNA領域を人工的に比較的短時間で増幅させる方法です。

PCR法の開発者

1983年、キャリー・マリス(1944年~2019年)によってPCR法は開発されました。


マリスはこの功績で、わずか10年後の1993年にノーベル化学賞を受賞しました。

PCR法への準備物

PCR法に必要なものは次の4つです。

  • 増やしたい特定の塩基配列を含むDNA(設計書)
  • DNAプライマー(1本鎖)(始点示唆)
  • 好熱性細菌の耐熱性DNAポリメラーゼ(製作担当)
  • ヌクレオチド(材料)

PCR法の手順

①変性(95℃)

DNAを95℃で熱処理することで、
二本鎖DNAの二重らせん構造がほどけ、
一本鎖DNAになる。

②アニーリング(40℃~60℃)

40℃~60℃に冷やすことで、
1本鎖DNAにプライマーが結合します。

③伸長(72℃)

72℃に再加熱することによって、
DNAポリメラーゼがはたらき、
DNAが複製されます。

 

コメント