腎臓のつくりとはたらき

体内環境の維持の仕組み

前回は、
肝臓で尿素ができると説明しました。

肝臓のはたらき
肝臓は体内で最大の臓器です。 50万個の肝細胞からなる肝小葉が 50万個集まってできています。 今回は、 肝臓の働きについて 見ていきましょう。 肝臓のはたらき 肝臓は生体内の化学工場とも呼ばれ、 体内の...

今回は、尿素がたどり着く
腎臓についてお話します。

スポンサーリンク

腎臓の構造

ネフロン

腎臓で尿を生成する構造上の単位を
腎単位(ネフロン)といいます。

ネフロンは100万個ある。

腎単位は腎小体腎細管からなり、
さらに、腎小体はボーマンのう糸球体からなる。

腎臓のはたらき

  • 老廃物の排出
  • 浸透圧の調節

尿の生成

血しょう中の
細胞や高分子成分(タンパク質・脂質)以外が
糸球体からボーマンのうへ血圧によりこし出される。

グルコース・無機塩類・水の大部分が、
毛細血管に再吸収されます。

原尿は濃縮され、
集合管で集まり、
尿として膀胱へ移動します。

糸球体からボーマンのうへ流れ込んだ血しょうのうち、
ほとんどは再吸収されます。

コメント