免疫の医療への応用①~ワクチン編~

スポンサーリンク
免疫の働き

昔からワクチンって打ってきましたよね。
ワクチンってなんでしょうか?
あなたは説明できますか?

そこで今回はワクチンについて簡単にまとめてみました。
ぜひ、ご覧ください。

スポンサーリンク

ワクチン接種とは?

ワクチン接種とは、
ワクチンを人体に接種することにより、
記憶細胞に免疫記憶を獲得させることで、
抗原として細菌やウィルスが侵入した際に
二次応答を免疫で機能させることを
いいます。

ワクチンとは?

ワクチンとは、弱毒菌や死菌、抗原の断片のことです。
弱毒化した菌を生ワクチン、
抗原の断片を不活性ワクチンといいます。

ワクチン接種の発明者

ワクチン接種は初めて行ったのは、イギリスのジェンナーです。
ジェンナーは天然痘の予防接種のために、
牛痘を用いて、まず使用人の子に接種させました。
その後、我が子に牛痘のワクチンを接種させました。

これが種痘法です。

ちなみに医療行為としてワクチン接種を確立させた
フランスのパスツールです。

ワクチン接種の代表例

ワクチン接種の代表例は、

  • インフルエンザ予防接種
  • BCG接種(結核菌)

などが有名です。

免疫記憶が行われるまでは時間がかかりますが、
定着すると効果は一定の長期間持続します。

 

コメント