植生の遷移と遷移の過程

植生と遷移
スポンサーリンク

植生の遷移

ある地域の植生が、
長い年月の間に一定の方向に
移り変わっていく現象を、
遷移(植生遷移)といいます。

極相

遷移が起こった結果、
最終的に到達した
安定した状態
極相(クライマックス)
いいます。

遷移の過程

  1. 裸地・荒原
    岩石の風化が進みます。
    最初は土壌ではないため、
    保水力や栄養塩類に乏しいのです。
    そこで、根系を持たない、
    コケ類・地衣類(チズゴケなど)が
    最初に侵入します。

    最初に侵入する植物を先駆植物(パイオニア植物)といいます。

    先駆植物が枯れたり、
    生えてきたりを繰り返すことで、
    土壌が形成されます。

  2. 草原(草本群落)
    島状に草本が育つようになります。
    土壌の形成がすすみます。
    草本多年生植物(ヨモギ・イタドリ・ススキ・チガヤ)など
  3. 低木林
    草原の中に、光や乾燥に強い
    木本植物(アカマツ・ヤマツツジ・ヤシャブシ・ハンノキなど)が侵入し、先駆樹種の低木が目立つようになります。
  4. 先駆樹種(陽樹林)の多い森林
    先駆樹種が成長して、高木層を形成します。
    森林ができると、
    林床は暗くなります
    すると、陽樹の芽生えは成長できず、
    陰樹の芽生えが成長します。
  5. 混交林(移行期)
    陰樹が成長して、先駆樹種と極相樹種が混在するようになります。混交林になるころには、腐植質や栄養塩類を土壌が多く含むようになります。
  6. 極相樹種(陰樹)の多い森林
    先駆樹種が枯れて、極相樹種(エゾマツ・トドマツ・ブナ・ミズナラ・シイ)の多い、極相林になります。

遷移のタイプ

場所による選別

陸上の裸地から始まる遷移
乾性遷移といいます。

これに対して、
湖沼などから始まる遷移
湿性遷移といいます。

時間による選別

火山など、
生物的なもののまったくない
裸地や湖沼から出発する遷移を、
一次遷移といいます。

山火事や放置された牧場の跡、
森林の伐採跡地から始まる
二次的な裸地から始まる遷移
二次遷移といいます。

コメント