遷移の仕組みとギャップとギャップ更新

植生と遷移
スポンサーリンク

遷移の仕組み

種子の散布型と遷移

植物は種子の散布型が様々な形態があり、
これは植生の遷移と深い関係を持ちます。

風散布型

小型で翼や冠毛を持つものが多く、
風で遠くまで運ばれます。

そのため、
遷移の初期に出現する
場合も多いです。

動物散布型

動物によって食べられたり、
動物の体に付着したりして運ばれます。

重力散布型

種子の散布のために、特別な構造を持たず、
比較的重いため、分布を広げる速度は遅いです。

森林の維持

極相林で、台風などで倒木したり伐採されたりして、
林床に光が届くようになった場所をギャップといいます。

 

コメント