植生の成り立ち

スポンサーリンク
植生と遷移
スポンサーリンク

植生とは?

植生しょくせいとはその土地に生育する植物集団のことをいいます。

相観とは?

相観そうかんとは群落全体の見た目のことをいいます。

相観の大別

相観は、

  • 森林
  • 草原
  • 荒原
  • 水性植物群落

に大別されます。

森林の構造

多くの樹木からなり、
最上部を林冠
地表付近を林床といいます。

林冠から林床までの間には、
階層構造がみられます。

相対照度

相対照度とは林外の光量を100%としたときの、
相対的な光量のこと。

草原の構造

降水量が少なく、
樹木の生育が難しい地域に分布しています。

サバンナ(熱帯・亜熱帯)ステップ(温帯・内陸部)など。

荒原の構造

降水量が不足している、
砂漠・ツンドラなどの植物の生育は限られる地域。

砂漠には、サボテンなどの多肉植物
ツンドラには、ミズゴケや地衣類が分布しています。

 

優占種とは?

優占種とは、その土地の空間を最も占有している植物のことをいいます。言いかえれば、相観を決定づける種ということになります。

植物の生活形

生活形とは?

生活形とは、
生物が生育する環境に適した生活様式形態のことです。

陽生植物と陰生植物

陽生植物とは、日なたの光の強いところで優占する植物のことで、陰生植物とは森林内の低木層などの比較的光の弱いところでも生育する種のことをいいます。

 

 

コメント