生態系とその成り立ち~作用と反作用・生産者と消費者と分解者~

生態系とその保全
スポンサーリンク

生態系とは?

生態系とは、
生物的環境非生物的環境を合わせたものをいいます。

生物的環境

生物的環境とは、生物に影響を与える
同種・異種の生物のことです。

非生物的環境

非生物的環境は以下の5つです。

  • 温度
  • 大気
  • 土壌

作用と反作用(環境形成作用)

作用

作用とは、
非生物的環境が生物に働きかけ、
その生物に影響を働きかけること

ベルグマンの規則

高緯度にすむ動物ほど大きい

マレーグマは低緯度地域にすむクマ

ヒグマは中緯度地域にすむクマ

ホッキョクグマは高緯度地域にすむクマ。

アレンの規則

高緯度にすむ動物ほど末端の表面積が小さい。

高緯度にすむホッキョクウサギ

 

反作用(環境形成作用)

生物の生活が環境の形成に影響を与えること。

生態系での役割

生産者(Producer)

生産者とは、
光合成や化学合成によって、
無機物から有機物をつくる独立栄養生物のこと。

独立栄養生物と従属栄養生物のちがい

代謝とエネルギー代謝
代謝とエネルギー代謝 代謝 生体内で起こる化学反応をまとめて代謝といいます。 同化 エネルギーを用いて、外界から取り入れたCO2やH2Oなどの簡単な物質から生体を構成する複雑な物質をつくる過程を同化(どうか)といいます。 ...

低次有機物から高次有機物は可能??

共同発表:植物に酢酸を与えると乾燥に強くなるメカニズムを発見~遺伝子組み換え植物に頼らない干ばつ被害軽減に期待~
共同発表:植物に酢酸を与えると乾燥に強くなるメカニズムを発見~遺伝子組み換え植物に頼らない干ばつ被害軽減に期待~

の記事によると、酢酸で植物は酢酸で乾燥に強くなったとああるが、
実際には、植物は酢酸を吸収し、窒素と結びついて、タンパク質を合成し、
細胞になっていると考えられています。

だから受験の試験には、微妙なラインなので、
出にくいと当サイトは予測します。

消費者(Consumer)

消費者とは、
生産者がつくった有機物を
直接、あるいは間接的に、
取り込んで栄養源とし、
これを吸収することで、
エネルギーを得ている
従属栄養生物のこと。

分解者(Decomposer)

分解者とは、
生産者や消費者の
遺体や排出中の有機物を
無機物に分解してエネルギーを得る
従属栄養生物のこと。

 

 

 

コメント