核の構造とはたらき

細胞とその成り立ち

核は大きさが10μm程度であることが多いです。
形は球状です。

スポンサーリンク

核膜

核は核膜という二重膜で包まれておいます。

核膜はところどころに孔(核膜孔)があいており、
内膜と外膜は直接つながっています。

核膜は小胞体などとつながっている場合もあります。

原形質

核と細胞質をあわせて原形質といいます。

後形質
原形質に対して、原形質のはたらきによって生じた細胞壁や、生きていない細胞などは後形質(副形質)といいます。

核小体

核内には1~数個の核小体があり、
リボソームRNA(rRNA)の合成が行われています。

核小体は、
RNAとタンパク質で構成されており、
球状ですが、被膜に包まれていません。

DNA

核内にはDNAが存在しています。

DNAは遺伝情報を保持している巨大な鎖状の分子です。

塩基性タンパク質であるヒストンにまきついた
ヌクレオソームとなり、さらにヌクレオソームが重なった
クロマチン繊維をつくって存在しています。

これは酢酸カーミン溶液などの色素でよく染まる。
このため、通常、クロマチン繊維は核内に分散しているため、
光学顕微鏡では観察できませんが、
細胞分裂を行う際には、高密度に凝縮して太い染色体が
2本並んだ状態になるため、光学顕微鏡でも観ることが可能となります。

コメント