細胞膜の構造と働き

細胞とその成り立ち

細胞膜さいぼうまくはリン脂質を主成分とする生体膜です。

スポンサーリンク

細胞膜の構造

細胞膜は8~10nmの厚さがあります。

リン脂質の二重膜中に、タンパク質が点在し、
動き回ることができる流動りゅうどうモザイクモデルの構造を取ります。

細胞膜の働き

細胞膜には、
必要な物質を取り込んだり、
不必要な物質を排出する働きのほか、
外部の刺激や変化を内部に伝達するはたらきを持ちます。

溶質の種類によっては、
選択的に透過することが可能です。

これを選択的透過性せんたくてきとうかせいといいます。

コメント