光合成

光合成については,光のエネルギーが光化学系と電子伝達系を流れていき,ATP や NADPHが合成され,それらを使ってカルビン回路で糖が合成されるまでのエネルギーの流れを扱う。その際,電子伝達系によって水素イオンの濃度差が生じること,その濃度差を利用して ATP が合成されることを扱う。光合成をエネルギーの流れと関連付けさせるには,光エネルギーによって高いエネルギーをもつクロロフィルが生じ,そのエネルギーによって ATP や NADPH などが合成され,それらを使って糖がつくられることを示す資料に基づいて,光から糖の合成に至るまでのエネルギーの流れに気付かせることが考えられる。また,光合成に関する理解を深めるために,クロロフィルが光を吸収したり放出したりすることについての実験などを行うことも考えられる。

植生と遷移

光の強さと光合成

光合成

光合成の過程と光合成の反応式

光合成

光合成とその研究の歴史