発生と遺伝子発現

発生と遺伝子発現については,2種類程度の動物を例にして,発生における細胞の分化
が遺伝子の発現調節に起因することの概要を扱う。また,動物の配偶子形成,受精,卵割,形成体と誘導,細胞分化と形態形成,器官分化の始まりの概要にも触れる。発生の過程における分化を遺伝子発現の調節と関連付けさせるには,例えば,卵細胞内
の遺伝子産物の局在及び受精後の胚はい内における遺伝子発現と胚はいの各部の分化との関係を示す資料に基づいて,遺伝子発現が調節されることにより,胚はいの領域ごとに異なる遺伝子が発現し分化が起こることに気付かせることなどが考えられる

発生と遺伝子発現

性染色体・常染色体と性決定様式

発生と遺伝子発現

有性生殖~接合(受精)による生殖~

発生と遺伝子発現

無性生殖③栄養生殖

発生と遺伝子発現

無性生殖②出芽

発生と遺伝子発現

無性生殖①分裂