高等学校「生物」

スポンサーリンク
生命現象とタンパク質

酵素と酵素の構造と特性

酵素とは? 酵素(Enzyme)とは、 タンパク質を主成分とする生体触媒のことです。 (化学)触媒とは? オストヴァルトの定義によると、 「化学反応の速度を変化させるが、 最後の生成物に見られない物質」 のこと ...
植生と遷移

光の強さと光合成

光合成速度と呼吸速度 単位時間あたりの、 植物の光合成量を 光合成速度といい、 単位時間あたりの 植物の呼吸量を 呼吸速度といいます。 光補償点 光合成で吸収するCO2量と、 呼吸で排出するCO2量が一致し、 見かけのC...
代謝

光合成の過程と光合成の反応式

植物は、光エネルギーを用いて、 葉の気孔から取り込んだ二酸化炭素を糖に合成します。 この反応を光合成(photosynthesis)といいますね。 ここまでは中学校でも習ったことです。 光合成は、地球上の生物にと...
光合成

光合成とその研究の歴史

水・空気と植物 古代ギリシャの哲学者アリストテレスは 植物はからだをつくるのに必要な物質を土の中から得ている といいました。その後、 私、ヘルモントはヤナギを使った...
進化の仕組み

遺伝子の平衡と頻度メンデル集団とハーディ・ワインベルグの法則~

メンデル集団 以下の条件が揃った集団をメンデル集団と呼びます。 集団の個体数が極めて多い 集団への個体の移出入がない 集団内での交配は自由交配 集団内では突然変異が起こらない どの個体も繁殖力や生存能力は...
植物の環境応答

植物の反応~屈性と傾性~

私たち人間も刺激に合わせて行動しています。 たとえば、喋り声(音)が聞こえて声を出すというように。 動物だけではありません。植物も反応しています。 屈性とは? 植物は外界からの刺激に反応して、 植物体の一部を屈曲させる性質...
遺伝情報とその発現

3つの突然変異と進化

遺伝子突然変異 遺伝子の本体であるDNAの塩基配列の変化によって、 おこる突然変異のことを遺伝子突然変異といいます。  塩基配列の変化 塩基配列の変化とは、 塩基の一部が置換、挿入、欠失されることをいいます。 ...
呼吸

呼吸の種類~呼吸に種類なんてあるの??~

呼吸とは? 有機物を分解してエネルギーを取り出し、 ATPを合成する過程。 嫌気呼吸 酸素を使わないで、有機物を分解する過程。 微生物がおもに嫌気呼吸によって有機物を分解することを 発酵(はっこう)といいます。 好気呼...
細胞とその成り立ち

タンパク質とは何か?

アミノ酸 タンパク質は約50~1000個のアミノ酸が鎖状に結合した分子のこと。 タンパク質を作るアミノ酸は20種類あります。 アミノ酸は、炭素原子(C)に水素原子(H)、側鎖(一般式Rで示す)、 アミノ基(-NH2)、カルボキシ...
生体物質と細胞

糖質(炭水化物)とは何だ?

「糖質って一体なんなんだ?」 「糖質OFFって何がOFFされているんだ?」 今日はその疑問へのヒントとして、 糖質の簡単な説明をします。 糖質とは? ブドウ糖、ショ糖、デンプン、セルロースなどが、 糖質(sacc...
スポンサーリンク