神経系と内分泌系による調節

スポンサーリンク
体内環境の維持の仕組み

腎臓のつくりとはたらき

前回は、 肝臓で尿素ができると説明しました。 今回は、尿素がたどり着く 腎臓についてお話します。 腎臓の構造 ネフロン 腎臓で尿を生成する構造上の単位を 腎単位(ネフロン)といいます。 ネフロンは100万個あ...
体内環境の維持の仕組み

肝臓のはたらき

肝臓は体内で最大の臓器です。 50万個の肝細胞からなる肝小葉が 50万個集まってできています。 今回は、 肝臓の働きについて 見ていきましょう。 肝臓のはたらき 肝臓は生体内の化学工場とも呼ばれ、 体内の...
体内環境の維持の仕組み

動物の循環系~血管系とリンパ系と心臓~

動物は酸素や二酸化炭素、 栄養素やホルモン、老廃物などを 体液を使って運搬したり、循環を生んでいます。 それを担っているのが、 循環系といいます。 循環系とは? 血液およびリンパを循環させる器官の集まりです。 ...
体内環境の維持の仕組み

体液(たいえき)と恒常性(ホメオスタシス)~身体の外と内の環境~

私たちの2つの環境 私たちの周りの環境を外部環境と言います。おひさまや風なんかがそうですね~。 一方、体内の細胞を取り巻く環境を内部環境と言います。 内部環境の液体 血液 血管内を流れています。一部が毛細血管からしみ出して...
スポンサーリンク